歯医者の歴史

歯科治療器具

 職業の中には様々な種類がありますが、医師として勤務する場合にも、それぞれに特性があります。医師の場合には、国家試験に合格し、何年かの研修を実施してから医師として認められるといった流れを辿る事になります。中でも、歯医者の場合には、私たちが小さい時から年をとってまでお世話になる事が多くあります。  歯医者の変遷としては、明治時代前後に海外から医師が日本に来航した事で、その技術や専門知識が広まり、歯科学としても確立していった経緯があります。日本の歯科医師の第1号となったのは、小幡英之介という人物で、歯科の世界においては、創始者として認知度の高い人でもあります。小幡英之介が『歯科』という言葉を使用し始め、その後は、学問としても、国家制度としても確立していく様になった歴史を辿っています。

 歯医者に関しては、私たちの生活には欠かせない人たちでもあり、利用者の需要も多い事から、歯科医院の数も増えているのが現状ともなっています。現在では、コンビニの数よりも歯科医院の数の方が多いともいわれていますが、今後もこの傾向が続くと考えられます。  しかし、一方で、歯医者になるための国家試験については、年々その難易度が増しているともいわれています。歯医者になるための国家資格が見直されつつもあるため、今後はその対策として、専門の大学における勉強内容なども変化していく事が予想されます。  歯の治療に関しても、現在では様々な治療方法が導入されつつあり、歯医者にとっては今後も最新の技術を習得していく事なども求められていくと予想されます。